キャットフードの自作

愛猫のためにキャットフードの手作りをする人がいます。
市販の食事を与えるだけでなく、愛情たっぷりの手作りフードをあげたいと思っている人は多いでしょうが、愛猫に手作りごはんをあげることにはメリットとデメリットがあるのを把握しておかなくてはいけません。


まず、キャットフードの自作をするメリットですが、つくること自体に楽しみがあるほか、市販のフードのように添加物が含まれている食事を与えずに済むという点が挙げられます。
猫の体に害を及ぼすリスクのあるものを排除できる、アレルギーを起こさない食事を与えられるというのが手作りごはんのメリットです。
また、猫に市販のエサを与えていると、味に飽きてしまって食べてくれなくなることがあります。
そのような場合にも、手作りのキャットフードであれば対処しやすい点が魅力的です。


反対に手作りをするデメリットですが、猫に必要な栄養をしっかり把握しなければいけないこと、自作したとしても食べてくれない可能性があること、市販のフードよりコストがかかってしまうこと、つくる頻度が高いと手間がかかってストレスに感じるかもしれないことなどが挙げられます。
とくに栄養バランスは市販の総合栄養食と同じように取ることは困難なため、サプリメントでカバーすることなどが必要となり、それはそれでお金がかかったり、安全性を考慮したりしなければならなくなります。


こうしたことを踏まえた上で手作りするかどうか決めてほしいのですが、当サイトでは実際に自作する場合に必要な情報をほかにもいろいろと取り扱っていますので、これから手作りごはんをはじめるか検討する際の参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

Copyright © 2014 キャットフードを手作りしよう All Rights Reserved.